身体では作れない?オメガ3の効果・効能について

ダイエットなどをしている人とっては油分の摂取は気になるものです。しかし、極端に油を絶ってしまっても実は健康によくありません。特に女性は、肌荒れや髪のパサツキがでたりと美容の面でも悪影響があるのです。

 

『オメガ3サプリの選び方』オメガ3脂肪酸・亜麻仁油の効果は?

 

では、油を上手に摂取するためにはどうしたらよいのか?ということですが、「どのような油を摂取するか」ということが重要です。漠然と毎日摂取している脂質ですが、油の種類によって身体に不調を及ぼす原因となっているのです。油分は大きく分けて「飽和脂肪酸」と「不飽和脂肪酸」の2つになります。飽和脂肪酸は、牛豚、卵などの動物性脂肪に含まれているので、比較的摂取しやすいことに加え、体内で生成することが可能で食事での摂取は必須ではありません。不飽和脂肪酸はオメガ3とオメガ6、オメガ9とさらに細かくわかれ、オメガ9は体内で作ることが可能であるのに反し、オメガ3とオメガ6は体内では作ることができないもので、「必須脂肪酸」と呼ばれています。オメガ3は主に亜麻仁油、えごま油、青魚などに含まれており、オメガ6は、コーン油、ごま油、サラダ油、マヨネーズなどに含まれています。オメガ6は比較的摂取しやすいものに含まれているため、過剰に摂取してしまうケースも多いのですが、オメガ3は不足気味の場合が多いと言われています。ここで重要なのが、2つの必須脂肪酸の効果・効能は逆である点です。オメガ6に含まれる「リノール酸」はLDL(悪玉コレステロール)を低くする働きがあるとしてブームを呼びましたが、同時にHDL(善玉コレステロール)も低下してしまうので、過剰摂取は良くないとされています。一方オメガ3は、LDLや中性脂肪を下げるといわれ、動脈効果や心筋梗塞なのど成人病、認知症予防など様々な効果・効能が期待できます。では、オメガ3ばかりを摂取すればいいのでは?と思いがちですが、必須脂肪酸は、バランスよく摂取することが重要です。オメガ3とオメガ6のバランスは1:4が理想的とされています。またオメガ3は熱に弱いため、サプリメントなどを併用して効能をえることも良いでしょう。バランスの良い食事を心がけ健康的な生活を送りましょう。

 

DHA・EPAサプリ「きなり」の口コミ

 

良い油であるオメガ3を含む食品を取り入れた食生活を!

最近多くの人の注目を集めているのがオメガ3です。オメガ3とは脂肪酸の一種であり、一言で言えば油です。と言っても体に良い油なのです。

 

『オメガ3サプリの選び方』オメガ3脂肪酸・亜麻仁油の効果は?

 

もちろん油にもいろいろな種類があります。たとえば、オメガ6という種類の脂肪酸がありますが、この脂肪酸をたくさん摂取すると健康に害が及ぶことになります。がんや心臓疾患、動脈硬化、糖尿病やアトピーなど数々の病気を引き起こす可能性が高くなるからです。そんなオメガ6の働きを抑制するのがオメガ3という脂肪酸なのです。さらに、妊娠中の女性がオメガ3を適量摂取するなら、母体にも胎児にも良い影響があります。胎児の脳の成長が促されると同時に、胎児の低体重や早産のリスクをも下げることができると言われているからです。
このように健康に欠かせない脂肪酸ですが、毎日口にする食品から効率良く摂取したいものです。この点で自分の食生活を振り返り必要な改善を図りましょう。日頃の食生活に、オメガ3が含まれている食品を積極的に加えることができます。その中には青魚があります。それも脂がのっている旬の青魚に豊富に含まれていると言われています。最も代表的な魚はまぐろでしょう。ほかにもぶりやさば、さんまなどにもオメガ3が豊富に含まれています。

 

『オメガ3サプリの選び方』オメガ3脂肪酸・亜麻仁油の効果は?

 

一般にどんな食品でも調理の仕方によっては、大事な栄養素が失われてしまうということがあります。しかし、嬉しいことにオメガ3を豊富に含んだ青魚であるイワシを例にとってみると、加熱しても含有量がそれほど変わらないと言われているのです。こうした特徴があるおかげで、毎日の食生活に取り入れやすくなっていると言えるでしょう。
またオメガ3を豊富に含んだ食品として亜麻仁油やエゴマ油があります。これらの油に含まれているリノレン酸により、ある国では総死亡率が低下したという報告があります。もちろん、過剰摂取には気をつけなければなりませんし、酸化してしまわないよう保存には十分の注意が必要です。