オメガ3とオメガ6は両方とも植物から抽出できる不飽和脂肪酸に属します。

人間の体内で合成できないため必須脂肪酸に分類され、外から補う必要がある事も共通しています。ただより細かく分類し、体内での作用をみると大きな違いがあります。リノール酸に代表されるオメガ6は悪玉コレステロールを減らす働きをするものの、血液を固めたり善玉コレステロールに悪影響を与えます。これに対してアルファリノレン酸などのオメガ3は血管を拡張し、悪玉コレステロールや中性脂肪を抑制するだけでなく炎症やアレルギーを沈静する作用もあります。血栓ができたり、血圧があがるのを予防する働きにも優れており、生活習慣病予防のために積極的に摂りたい栄養素のひとつです。表面上のみの違いをみるとオメガ6は体にいいとはいえませんが多価脂肪酸は必要なものであり、極端に量を減らすと欠乏症をおこし、発達障害や肌荒れの原因になります。コレステロールはホルモンや筋肉の材料になり生命維持には欠かす事のできない成分なので、両者の違いを理解し、それぞれを適量を摂る事が健康維持のためには大切です。理想的な比率はオメガ3が1とするとオメガ6が4の割合です。細胞膜を適度に柔軟に保つにはどちらかに偏りすぎてはいけません。オメガ3は青魚などからとれるEPAやDHA,また亜麻仁油に多く含まれますが性質上非常に劣化しやすいため、新鮮で高品質なものを選ぶ必要があります。一時的にとってもあまり意味はなく、毎日バランスよく取り入れることが、体を健やかに保つためには理想的ですが、油分は加熱すると酸化し効用が失われてしまうのでコールドプレスされたものを生で食べるのが最も効果的です。難しい場合にはサプリなどを利用して、毎日一定量を摂取することも可能です。オメガ6は普段調理に使用されることが多いコーン油やゴマ油などに多く含まれているので、平均的な食生活では足りなくなる可能性はあまりありません。