トマトに含まれる「リコピン」の抗酸化作用・ダイエット効果はホント?

トマトは美容や健康に良い野菜として知られていますが、特にトマトに含まれているリコピンには様々な良い効果があるとされており注目されています。

 

リコピンは強力な抗酸化作用を持つカロテノイドでトマトはもちろん、スイカなどにも含まれている赤い色素です。カロテノイドは緑黄色野菜に多く含まれており何百種類もありますが、リコピンもそのひとつです。
体を老化させたり、病気を起す原因としては体内の余計な活性酸素があげられますが、リコピンは抗酸化作用がありますので、体内の活性酸素の除去に役立ちます。

 

リコピンの抗酸化作用は数あるカロテノイドの中でも特に高く、同じく抗酸化作用が高いことで知られるビタミンEの100倍にも及ぶとされています。

 

体内の余計な活性酸素を取り除くことは病気の予防に役立つことはもちろん、アンチエイジング効果も期待できますので、美容にも良い効果を期待することができます。
活性酸素はシミやシワの原因ともなりますが、それを取り除くことでより若々しく美しい肌を維持できるようになります。
そしてリコピンはコラーゲンの減少を抑え、増加させる効果も期待できます。

 

そして美容のためにも、健康のためにも肥満を防ぐ事は大切ですが、そのためには脂肪細胞の増殖を防ぐ必要があります。
脂肪細胞を増やさないためには食事制限を行ったり、適度に体を動かすことも大切ですが、リコピンは肥満防止にも役立つ成分です。

 

抗酸化作用により悪玉コレステロールの酸化をを防ぐことができ、血流も改善されます。血流を改善することは代謝をアップすることにつながりますし、抗酸化作用が脂肪細胞の蓄積を防いでくれますのでダイエットにも良い効果を期待することができます。

 

リコピンの摂取方法としては、トマトをそのまま食べることはもちろん、トマトの水煮缶やトマトジュースなどの加工食品からも摂ることができます。
トマトが苦手という人はサプリメントなどを活用することもおすすめです。