亜麻仁油の効能は健康だけでなく、美容にも効果が高いアマニ油

最近話題のオイルに、さまざまな健康効果を持つ亜麻仁油があります。
亜麻とは青紫色または白色の花が咲くアマ科の一年草で、丸い果実の中にある長楕円形で平たい黄褐色の種子から絞った油が亜麻仁油です。

 

亜麻仁油の一番の有効成分は、オメガ3脂肪酸であるα―リノレン酸です。α―リノレン酸は青魚に多く含まれるDHAやEPAと同じ不飽和脂肪酸で、常温では固まりにくく体内では液体であるという特徴を持っています。そのため、アマニ油には血液をサラサラにする働きがあるので、血中の中性脂肪やコレステロール値を調節するという効能があります。

 

亜麻仁油の効能には、抗アレルギーもあります。オメガ3は花粉症やアトピーなどの炎症を鎮めるため、つらい症状を改善する効果があります。また定期的に摂ることで、花粉症やアトピー、ぜん息の発作などの軽減や予防にもなります。アマニ油だけで摂りづらい場合は、オメガ3を含む青魚や鮭などを増やすのも良いでしょう。

 

亜麻仁油のα―リノレン酸にはがん細胞の成長を抑える働きがあるので、ガンの予防効果もあります。特に乳ガン、前立腺ガン、肺ガンに対して効果が高いと言われています。またアマニ油の摂取が多い人は、冠状動脈心疾患のリスクが低下するというデータもあります。

 

不飽和脂肪酸が多く含まれている亜麻仁油は、脂肪となって蓄積されにくいため、血糖値やコレステロール値の抑制につながります。糖尿病などの生活習慣病の予防にも効果があります。
また精神状態を安定させる効果として、うつなどの精神疾患にも効果が期待されています。

 

さらに、亜麻仁油は女性におすすめです。
肌荒れは、オメガ3が不足すると現れる症状です。継続してアマニ油を摂取することで、活性酸素の働きを抑えて細胞の老化を防止し、肌の皮脂をコントロールするので、しっとりと潤いのある肌になります。食物繊維も豊富なので、便秘の改善効果もあります。他にも女性ホルモンを調節して、生理痛を和らげる働きも持っています。
さまざまな効能を持つ亜麻仁油をぜひ試してみてはいかがでしょうか。